【裏ワザ】『Amazonチャージ』で最大2.5%お得に買い物する方法
スポンサーリンク

漁夫(ぎょふ)の意味とは?【今さら聞けない ゲーム用語集】

ゲーム用語集
悩んでいる男の子
悩んでいる男の子

漁夫(ぎょふ)ってよく聞くけど、意味って何?

この記事では、こういった疑問を解決します。

Amazonで「ゲームの売れ筋ランキング」を見る

スポンサーリンク

漁夫(ぎょふ)の意味とは?

漁夫(ぎょふ)とは、中国戦国時代に使われていた「漁夫の利」という言葉の略語です。

「漁夫の利」とは、相手同士が争っているうちに、第三者が苦労もなく利益をもっていくという意味です。

FPSやTPSゲームでよく使われる意味としては、A部隊とB部隊の戦闘が終わった際に、生き残った弱っているチームを追い打ちをかけるように戦いに行くという意味で使われます。

逆に、自分たちが戦い終わった際に、新たなチームが自分たちのチームに戦いに来ることを「漁夫がきた」「漁夫りにきた」などと言われます。

バトルロワイアルゲームにおいて、この漁夫は最強の戦術の一つで、漁夫のタイミングやコツを掴めれば楽に敵を倒すことができ、上位に生き残ることが容易いほどです。
最後の3部隊になった際に、他の2部隊が戦闘を始め、終わった直後に攻めにいくことも、この漁夫という戦術です。
この場合、初めに戦闘を始めた部隊は勝ったとしても漁夫により不利になるため、終盤は戦闘を始める部隊が少ないのはこのためです。

<例>
・あの部隊が戦いあっているから、漁夫を狙ってみよう。
・今のタイミングの漁夫はとても良かった。
・敵の数多くない?既に漁夫が来てるよ!
・漁夫が来るかもしれないから、一旦引こう。

カピさん
カピさん

漁夫はバトルトワイヤルゲームにおいて必須の用語になるよ!
漁夫るのはいいけど、漁夫られるのは嫌だよねw

運営者のTwitter

Amazonで「ゲームの売れ筋ランキング」を見る
「無課金でゲーム攻略したい人」も「気軽に課金アイテムをGETしたい人」も「マネーコイン」で決まり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました